【神無月】第3章9-3シルリア戦攻略

今回は前回の記事に引き続き第3章9-3『血の雨』でのシルリア戦の攻略記事になります。

このステージも最初「無理ゲーだ!」と思ってしまいました。まあ簡単すぎるよりやりがいがある方がいいですよね。

でもそれはクリアしてから思えること!この難所を超えればラストの9-5はかなりラクに感じられるかと思います!

シルリアのステータスと攻撃パターン

ステータス

レベル38
属性アサシン
攻撃1物理貫通ダメージ
攻撃2物理なぎ倒しダメージ
攻撃3全体魔法ダメージ
攻撃4ナイトキャラ4体召喚

攻撃パターン

ターン1攻撃1
ターン2攻撃2
ターン3攻撃3+攻撃4

※以下ターン1〜3の繰り返し

第3章9-3おすすめのパーティ

シルリアはアサシンキャラですので、シューターが弱点となります。

だからといってシューター4体でよいわけでもなく、以下におすすめの布陣を載せます。

MEMO
  • ナイト×1 アサシン×1 シューター×2
  • ナイト×1 アサシン×1 シューター×1 プリースト×1

ナイトはシルリアの物理攻撃を受ける役回り、アサシンはダメージ担当で1体ずつ必須で入れて下さい。

シューターの攻撃力に自信がある場合はシューターを2体、そうでない場合はシューターの1枠をプリーストに変えて下さい。

今回特におすすめのキャラはナイトはエース、プリーストは初音ミクです。この理由は後述します。

第3章9-3クリアのコツ

今回のステージ、意外と簡単?思ってしまうほど序盤は特に何も起きません。

ですが3ターン目になると9-3の難しさが正体を現します。今回の要注意事項はこちら。

注意
3ターン毎に召喚される「挑発」攻撃持ちナイトキャラ

このナイトキャラ攻撃自体は非常に弱いので、最初は「こんな鼻クソ無視でいいや」と思ってしまいますが、問題はこいつの攻撃を受けてから高確率で「挑発」状態になってしまうことです。

挑発状態になるとどうなるか、味方キャラは次の攻撃時ダメージを与えた敵キャラにしか攻撃できなくなってしまうのです…恐ろしい…

すなわち挑発状態になるとシルリアへのダメージを一切与えられなくなります。

しかもこの厄介なナイトキャラは1匹倒すのも一苦労なので、攻撃を受けないもしくは攻撃を受けても問題ないキャラを置いておく必要があります。

そこで先程紹介したエースと初音ミクの出番です。

エースは周囲4方向への攻撃が可能なのでシルリアの隣にさえいれば挑発状態になってもシルリアに対しても確実にダメージを与えることが出来ます。

【神無月】エースの評価と入手方法

一方初音ミクはステージ上どこにいても全体回復が可能なため、挑発されて動けなくなっても毎ターンHP回復ができるのです。

【神無月】初音ミクの評価と入手方法

また、これらのキャラをナイトキャラの召喚される場所の近くに配置しておけば他のキャラに攻撃が及ぶことはなく、シルリアのHPを削っていくことが出来ます。

それでは実際のプレイ画面を確認しながら第3章9-3を攻略していきましょう。

第3章9-3プレイ指南

パーティによりますが、最初の配置はかなり重要になりますので参考にして下さい。基本的にナイトからの攻撃を受けて挑発されてもよいキャラを左側に置きます。

1ターン目は縦方向に貫通ダメージ、2ターン目は前1列横方向になぎ倒しダメージがくることを念頭に攻撃をします。

この全体魔法はかなりHPを削られます。この1発目を全キャラ耐えられるほどのステータスにしておきましょう。

3ターン毎にナイトが召喚されます。与えるダメージは少ないですが、挑発状態異常が相当厄介です。

ナイトを相手にしているとまずクリア出来ないので、6ターン目に2度目のナイト召喚が行われるあたりでシルリアの息の根を止められればベストです。

まとめ

それでは最後に第3章9-3シルリア戦のポイントをまとめておきましょう。

MEMO
  • おすすめパーティはナイト×1 アサシン×1 シューター×2 or ナイト×1 アサシン×1 シューター×1 プリースト×1
  • 挑発攻撃を意識したキャラ配置にする
  • 召喚されるナイトは無視してシルリアのHPを削りにいく

9-1を並び、9-3も本当に難しいステージです。神無月も本領発揮してきた、って感じですかね。第4章以降が思いやられますが笑

まあ簡単すぎるゲームではつまらないので、これくらいの難易度があってもいいかもしれませんね。

ところでもしステージクリアが出来なかったという方は、キャラステータスを上げる上でこちらの記事も参考にしてみて下さい。

【神無月】クリアできない時にやりたい5つの戦力アップ方法と対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です