【神無月】ギルド対抗「浮島争奪戦」のルール・参加方法解説

さあ先日いよいよ神無月のギルドの最新機能「浮島争奪戦」について公式発表がありましたね!

今回はその最大のギルド戦とも言える、浮島争奪戦についてのルールや参加方法などについてチェックしていきましょう!

浮島争奪戦とは

まず、浮島争奪戦がなんぞや、というところから。簡単に言うとギルド対抗戦ですね。

今までのギルドはギルド内で霊魂石の交換や聖獣試練を行ったりという感じだったので、今回の浮島争奪戦実装によってようやくギルド間の横のつながりが出来るわけですね。

横のつながりと言っても実際はギルド戦ですので、勝敗はつきものです。強いプレイヤーの多いギルドがやはり勝ちやすいのでしょうか?

それではルールや参加方法について詳しく見ていきましょう!

浮島争奪戦のルール・参加方法

まず重要なポイントをまとめてみましたので参考にして下さい!

MEMO
  • 毎週月曜日9時〜毎週木曜日9時に、全サーバーの20人を超えるメンバーを持つギルドの会長と副会長が浮島争奪戦へ申し込み可能
  • 毎週木曜日9時から毎週土曜日24時まで、ギルドメンバーは任意のキャラを防御編成として配置
  • 1人のギルドメンバーで25人のキャラを出撃できる
  • 毎週土曜日24時〜毎週日曜日10時まで、システムが相手をマッチング。この期間のギルド脱退および解散は不可能
  • 毎週日曜日10時〜22時に、浮島争奪戦が開放。メンバーは5回出撃でき、敵の建物を破壊するか敵の防御を崩すことができる
  • 戦闘終了時にポイントが高い方が勝利。勝利ギルドはより高いポイントを獲得し、浮島争奪戦の勝敗状況と個人のポイントランキングによって報酬が決定する
  • 毎シーズン行われる浮島争奪戦の総回数の半分以上、所属ギルドが浮島争奪戦に参加していた場合シーズン報酬を得ることができる

申し込み自体は20人以上のギルドの会長か副会長のみで、普通のメンバーは木曜日から日曜日の間に防御編成や戦闘を行うようですね。

その際25人のキャラを出撃でき、日曜日には5回の戦闘を行えるみたいです。

報酬は個人報酬とシーズン報酬の2つがあるようですが、とにかくたくさん参加してたくさん勝つことで報酬がより良くなるようですね!

浮島争奪戦の攻略ポイント

それでは現状確認できた浮島争奪戦の攻略ポイントについても触れておきましょう。

MEMO
  • 相手ギルドの反対側から攻撃すると挟み撃ち効果で建物内の建物効果がなくなる
  • 攻撃で建物を破壊すると、自身の防御建築に攻撃器械を使用できる。さらに聖獣の援護スキルも使用可能
  • 石衛城中門の前の建物では、攻撃ギルドが防衛側に何度も負けた際、女神の祝福を得ることで勝敗数に応じて攻撃力が上昇する

ちょっと一度浮島争奪戦を実際にやってみないとわからない、といったところでしょうか。

なにやら色々な機能がありそうですね、ギルド間で様々な駆け引きもありそうですが、ギルド内でも十分な連携が必要そうですね。今から楽しみです。

おわりに

今回は新実装のギルド対抗戦である浮島争奪戦についてのルールや参加方法などについてチェックしていきました。

まだ明かされていない部分が多い浮島争奪戦ですが、とにかくエキサイティングな機能であることは間違いなさそうです!

キャラが25人も出撃できる分、パーティの総戦力が問われそうなので、今から総合的な育成をしておいたほうが良さそうですね。

ギルド内の連携も大いに勝敗を左右しそうなのでギルドでのコミュニケーションを活発化させることも重要です。

また情報のアップデートや攻略情報などがわかりましたら、更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です