【デジモンリアライズ】プレイして分かった評価点と改善点まとめ

つい最近また新しいゲームをはじめました。90年代生まれは誰もが知っている「デジモン」です!

これまでにもいくつかデジモンのスマホアプリは出ていたのですが、この度新しくサービス開始となったのが「デジモンリアライズ」です。

今回の記事では実際にプレイして気づいたデジモンリアライズの評価点や改善点について紹介していこうと思います。

僕自身結構なデジモン好きですので、多少のバイアスはご了承下さい。あと改善点多めです笑

デジモンリアライズとは

まずデジモンリアライズがどんなゲームなのか?というところから入っていきましょう。

基本的には従来のデジモンゲームと同じで、デジモンを育てて進化させたりバトルしたりします。

ただ今回のデジモンリアライズは従来のものと比較して、”リアライズ”という点に重きを置いているそうです。

リアライズ、といえばデジモン本編でもよく登場していましたよね。テイマーズだったかな?「〇〇モン、リアライズ!」とかなんとか…笑

公式にはこんな感じで紹介されています。

スマホにデジモンがリアライズするというコンセプトでストーリーが進んでいきます。

アニメでもそうでしたが、現実世界にこの”スパイラル”という勢力が現れてエリスモンなど様々な仲間たちと退治していくような流れですね。

では実際にプレイして感じたデジモンリアライズの所感を簡単に話していきましょう。改善点多めです(2回目)

評価点

まずは評価点から入っていきましょう。

初期デジモンゲームの名残がある

評価点1つめは、昔のデジモンゲームの名残がしっかりとあるということです。昔の、というのはもちろんこれのことですね。

いやあ懐かしい!僕もよくやってましたよ。育成方法によって進化するデジモンが変わっちゃうんですよね。

う◯こを処理しないとスカモンになったり…あのときの喪失感と言ったら今でも忘れられませんね笑

デジモンリアライズでは自分だけのデジタウンを作り、そのデジタウンの中で食べ物を与えるなどしてデジモンと触れ合うことができます。

さらに上で紹介した昔のデジモンゲームそっくりの機能がデジモンリアライズにもあります。

スマホの万歩計機能と連動して歩数に応じて報酬がもらえたりするんです。まさに昔のデジモンワールドが現代に蘇ったような感じですね。

ちなみに昔の万歩計機能付きのゲームはこれ。これも持っていたんですが、僕は腰につけて歩くよりも断然手でシェイクする派でした笑

デジタマから育成できるのはGood

続いて評価点の2つ目。デジタマからの育成もできることが良いと思います。やっぱりタマゴから育てたデジモンの方が愛着が湧くんですよ。

なでたりあたためたり、まるで本当にデジタマを育てているかのような感覚です。どんなデジモンが生まれてくるのかわからないというのも楽しみの一つですね。

改善点

それでは早くも改善点に移ります。これで3度目ですが、改善点の方が多いです笑

究極体まで進化させるのが運ゲーすぎる

究極体といえばデジモンワールドにおいて最上級モンスターになるわけですが、その究極体まで育てるのが非常に困難なのです。育てるというか、手に入れるという言い方のほうが正しいでしょうかね。

究極体を手に入れるのが難しい理由は2つあります。

進化コードが入手しにくい

理由の1つ目は進化の際に必要な進化コードがなかなか入手できないことです。

進化コードを手に入れるには「激突戦」というバトルに挑戦する必要があり、与えたダメージランキングに応じて報酬を獲得できます。

敵レベルが高いほど報酬も良くなるのですが、究極体進化に必要な上級の進化コードはなかなかドロップしません。

また属性によって進化コードが異なり、目当ての属性の進化コードがドロップするかは完全にランダムで決まります。

ガチャ排出率に難あり

2つ目の理由の方が致命的なのですが、謎のガチャ排出率が設定されております。

進化形態が上つまりレア度の高いデジモンの排出率が低いということはできますが、究極体まで進化できるデジモンとそうでないデジモンが存在するのです。なんじゃそりゃって感じですよね笑

究極体まで進化可能なデジモンはなかなか排出されなくて合計で4.5%ほどです。9割以上のデジモンが完全体で進化をストップさせてしまうのです…

そのため、「どうせ究極体まで進化させられないから」と先が見えてしまいデジモンを育てる気も失せてしまいます。

進化系統が1通りしかない

続いて改善点の2つ目は進化系統が1通りしかないこと。これもデジモンを育成する上でだいぶ残念です。

育て方によって進化先が変わるのがデジモンの醍醐味ですので、先がわかってしまうとワクワク感も半減です。

一応デジモンごとの個性の違いによって進化先は変わるのですが、進化先が決まっていることには変わりないので、実質1通りの進化系統しかないことになります。

本編攻略が簡単すぎる

3つ目は本編のストーリー攻略が簡単すぎること。

フレンドの中で助っ人を1キャラ選ぶことができ、その助っ人が強い場合、完全体のデジモンがいない状態でも悠々オートプレイでクリアできてしまいます。

今後ストーリーはまだまだ追加されるようなので進化システムは変えられないとしても、最低限ストーリーの難易度は改善してほしいと思います。

ロード時間がやたらと長い

ゲーム起動時のロード時間は良いとして、画面が切り替わるたびにロードするのはちょっとフラストレーションかなと思います。

別に我慢できる程度ですが、改善してもらえたら嬉しいですね。

対人戦フルオートは萎える

最後は対人戦がオートプレイしかできないこと…

せっかく大切に育てたデジモンを他のプレイヤーのデジモンとバトルさせる時に、オートプレイでしか戦えないというのはちょっと残念ですよね.

ダメージを与える対象や攻撃スキルを選択できないので戦略も何もなくただマッチングまかせの対人戦です。いや、これは果たして「対人戦」と呼べるのでしょうか?笑

おわりに

はい、ということで今回は新スマホゲーム「デジモンリアライズ」のプレイ所感として、評価点と改善点をそれぞれ紹介していきました。

上でも話した通り、個人的にデジモンは大好きなので、というかだからこそこのゲームも始めてみたのですが、良いところ直すべきところまだまだあります。

100万ダウンロードも突破し、ダウンロード数的には好調ですので今後のアップデートに期待です!

その間ちまちまデジモンを育成しながら、究極体デジモンをゲットしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です